コンサルタントのいらない工事発注方式のご案内

従来の方式との違い

        請負契約を結ぶ工事会社一般社団法人全国建物調査診断センターが公正に管理運営する新時代の工事発注方式です。

6大メリット

コンサルタント料に比べ、管理料のみとなり、コストと時間が削減できます。

管理組合・コンサルタント・工事会社との間の各調整、打合せ時間が大幅に短縮されます。

当法人は大規模修繕工事新聞(毎月3万件発行)、大規模修繕工事新聞電子版(毎月3千件発信)、11年間の発行実績があり、大規模修繕工事に関する情報の蓄積は業界随一で、的確な判断ができます。

スッキリした透明性の高い流れの為、不正な金の流れや不適切な事故が回避できます。

工事会社保証・完成保証・瑕疵保証・材料品質保証がセットされています。

理事長さんや修繕委員の相談相手となり決断のリスクを軽減します。

TM方式の全体図

TM方式での管理の内容

1、責任施工会社の選定

相当な実績、技術力、信用力が求められる為、一般公募ではなく、全国建物調査診断センターが、推薦又は電子版公募を行い、選抜してゆく。
公平、公正になるよう厳格な審査を行うとともに、提案書や見積書も提出させ、1社を選抜する。

2、建物診断の実施と指導

施工会社本位の調査診断にならないようにする為、工事会社の計画書の内容を事前にチェックする。
また、調査時に立会い査察を行い、計画書通りに実施されているかチェックするほか、調査診断報告書を事前確認し、指導する。

3、改修設計、工事全般をチェック

工事の仕様の計画書が施工会社本位になっていないか、コストが妥当かチェックする。

4、工事の実施管理

施工会社に管理体制、品質管理、安全管理、工程管理計画書を提出させ、管理する工事完了後には、施工図書を作成させ、管理する。

5、予算管理

施工会社による建物調査診断から工事施工までに関わる総額の工事予算に関して、合理的かつ妥当な上限を設定し、その枠を有効に使用出来るように、全体を通して、予算の管理を行う。  

6、スケジュール管理

施工会社選定作業から工事完了までのマスタースケジュールを作成し、運営管理する。各段階のスケジュールを組み立て、管理運営する。

提供出来る情報の一部

理事長になろう!

管理組合の合意の形成

大規模修繕コスト削減

情報開示の重要性

大規模修繕合理化対策

マンション大規模修繕市場動向

本当の意味での地域密着

業者選定:現場代理人

材料の選定

管理組合の合意の形成

管理組合相談ランキング

超高層タワー型マンション

大規模修繕100か所の実録(事例紹介)

東京・西東京

千葉・松戸市

神奈川・大和市

埼玉・川口市

大阪・豊島区

長崎市千種区

先ず、ご気軽に、ご相談ください。

関西ペイント(株)
田島ルーフィング(株)

(株)住宅あんしん保証
(株)ジェイ・モーゲージバンク

一般社団法人全国建物調査診断センター「トータルマネジメント方式」
〒160 -0023 新宿区西新宿8-12 -1 サンパレス新宿 603

FAX:03-4586-9961
E-MAIL tm@zenken-center.com


2019年5月26日に東京で開催された第40回管理組合セミナーには約100名が参加。トータルマネジメント方式などの詳しい解説が行われました。 次回のセミナーは7月28日に行われます。

<新刊>トータル・マネジメント方式のすべてがわかる本、アマゾンにて好評販売中!